イベント

検索結果:42件見つかりました
宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。

期間: 2018.11.10~2019.01.27

場所:姫路市山野井町84番地 姫路文学館

■宮本輝 人間のあたたかさと、生きる勇気と。■ 困難や苦悩を抱えながらも前進する人々の姿を描き、 読者の心に深い感動や喜び、希望を呼び起こしてきた作家・宮本輝。 1977年(昭和52年)に「泥の河」でデビューすると、その翌年には「螢川」で芥川賞を受賞。 今日に至るまでの約40年間にわたる作家活動の中で、 『優駿(ゆうしゅん)』を始め、『錦繡(きんしゅう)』『青が散る』『星々の悲しみ』、 今年ついに完結した大河小説「流転の海」シリーズなど、優れた作品を次々と世に送り出してきました。 本展は、人とは何か、生きるとは何か、生きる上で大切なことは何か、 という作品の根底に流れる人生への深い洞察について、 現代の優れたストーリーテラーの宮本輝が生み出してきた豊饒な作品世界をひもときながら、 その魅力を原稿や愛用品など関連資料で紹介します。 【会期】平成30年(2018年)11月10日(土曜日)~平成31年(2019年)1月27日(日曜日) 開館時間/午前10時~午後5時(入館は4時30分まで) 休館日 /毎週月曜日、12月25日(火曜日)~1月5日(土曜日)、1月15日(火曜日) ※12月24日(月曜日)、1月14日(月曜日)は開館。 【観覧料】一般700円、大学・高校400円、中学・小学200円 ※20名以上の団体は2割引き ※常設展示も観覧可 【主催】 姫路文学館 【特別協力】 宮本輝 追手門学院大学附属図書館 宮本輝ミュージアム 【企画協力】 高志の国文学館 【後援】 朝日新聞姫路支局、神戸新聞社、産経新聞社、サンテレビジョン、播磨時報社、      播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、姫路シティFM21、毎日新聞姫路支局、      読売新聞姫路支局、ラジオ関西

開催中
おのコミレス人いきいきスタンプラリー開催!
  • 小野市
  • 暮らし
  • その他

おのコミレス人いきいきスタンプラリー開催!

期間: 2018.10.01~2019.01.31

場所:各施設の場所などはコミレスMAP(HPをご確認ください)をご覧ください。

◆対象期間内に小野市内のコミレス5施設のスタンプをすべて集めると素敵な特典!! 各施設の特徴あるスタンプもお楽しみください。 ◆対象期間 平成30年10月1日~平成31年1月31日まで (特典有効期限:平成31年2月28日まで) ◆対象施設 1.ぷらっときすみの(JR小野町駅) 2.コミュニティレストラン陣屋(コミセンおの内) 3.誉田の館いろどり(コミセン下東条となり) 4.アオ‐メルカートbakerycafe(JR・神鉄粟生駅) 5.マトゥラーレ(国宝浄土寺前) ◆利用条件 対象施設600円以上の利用でスタンプを押印 ◆カードの配布 対象施設利用時、利用条件を満たした方に会計の際、お渡しします。 ※カード枚数に限りがあります。在庫がなくなり次第終了。 ◆特典条件・内容 特典1:対象5施設すべてのスタンプを集めると、500円割引サービス(いずれかの施設で1回限り) 特典2:特典1(500円割引サービス)を利用された方の中から抽選で30名様に小野市のお土産物をプレゼント

開催中
「引原ダム60周年記念・フォトコンテスト」の作品募集
  • 宍粟市
  • カルチャー
  • 写真・アート

「引原ダム60周年記念・フォトコンテスト」の作品募集

期間: 2018.06.26~2019.02.15

場所:宍粟市波賀町日ノ原176-11 引原ダム

◆兵庫県政150周年記念事業 ◆昭和33年3月31日に完成した引原ダムは、建設後60周年を迎えました。 この度、引原ダム60周年記念事業の一環として、写真を通じて四季折々のダムのある風景を魅力ある観光資源として広く紹介するとともに、ダムの役割を再認識してもらう機会とするため、下記のとおりフォトコンテストを開催します。 1 フォトコンテストの概要 別紙参照 (1)主 催 西播磨県民局 (2)募集期間 平成30年6月26日(火曜日)~平成31年2月15日(金曜日) (3)応募作品  1.被写体にダム堤体又は関連構造物を入れた季節感のあるもの 2.応募数は1人5作品まで 3.四切判プリント(光沢紙)で応募 ※詳しくは、応募資料をご覧ください (4)応募先 兵庫県西播磨県民局 龍野土木事務所 河川砂防課 (5)入選作品 13作品を入選作品として選考 最優秀賞   1点 賞品 50,000円相当の西播磨特産品 春夏秋冬賞  4点 賞品 10,000円相当の西播磨特産品 佳作  8点 賞品 5,000円相当の西播磨特産品 (6)表彰式及び写真展 平成31年3月下旬にダム周辺で開催

開催中
猪のおもちゃ
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

猪のおもちゃ

期間: 2018.11.10~2019.02.19

場所:兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3 日本玩具博物館1号館

冬の恒例展『干支(=エト)の動物をテーマ』にしたお正月の展示です。 「十二支」は、動物で時刻や方角、あるいは年月を表わす考え方として古代中国から伝わったものですが、長い歴史を経て日本人の暮らしに深く根を下ろし庶民の間でも親しまれてきた民間信仰です。 例えば、生まれ年にあたる動物の性質がその人の性格や運勢などに関係するという信仰、自分の生まれ年に因んだ動物をお守りにする習俗などがあります。 日本の郷土玩具はこれらを母体として生まれた庶民的な文化財です。   2019年の干支は「亥(=猪)」。 猪は古くから日本人とも関わりの深い動物で5世紀ごろから宮中ではすでに狩りの重要な獲物の1つとして捕獲され、食べられていたという記述もあります。 しかし、干支の動物の中でも「午(=馬)」や「申(=猿)」「戌(=犬)」などに比べると造形物としてはあまりつくらていません。 野生の猪の強さや獰猛さが好まれなかったのでしょうか。 郷土玩具の猪の造形を見てみると、むき出しの牙と鋭い目、四肢を大きく広げ、まさに猪突猛進する姿が特徴ともいえます。 相手を威嚇するような姿かもしれませんが、ひとつひとつ観察してみると、木や土や紙を素材として勇猛でユニークな猪の表情が見えてきます。 日本の郷土玩具を中心に80点をご紹介します。ぜひ各地の猪の玩具をお楽しみください。 ■休館日 水曜日、年末年始(12月28日~1月2日) 但し、水曜日が祝日の場合は開館。翌日休み ■料金 大人:600円 高校生・大学生:400円 幼児(4歳児以上):200円 ※原則として、20名以上の団体料金は2割引です。 ※団体でのご来館は、できるだけご予約ください。

開催中
秋季企画展「唐王朝の彩り-宮廷の栄華をうつす金銀銅-」
  • 加西市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

秋季企画展「唐王朝の彩り-宮廷の栄華をうつす金銀銅-」

期間: 2018.09.14~2019.03.12

場所:兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1(県立フラワーセンター内) 兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」

大唐王朝の都・長安から発見される金銀器は、絢爛たる貴族社会を背景に卓越した工芸技術と異国情緒豊かな感性が融合した「美の集積」です。 唐建国1,400年を迎えた本年、唐文化の粋を集めた金銀器や銅鏡によって遙かなる長安の繁栄と栄華が甦ります。 千石唯司氏所蔵コレクションのうち、光輝鮮やかな彩りや斬新な意匠、躍動感あふれる造形を誇る唐代金工作品をとおして宮廷文化の繁栄と栄華を体感してください。 ※休館日:水曜日(10月14日(日)~11月18日(日)は無休)、平成30年12月19日(水)~平成31年1月1日(火)までは休館 【関連行事】 ◆当館学芸員による特別解説会  ・平成30年10月6日(土)、平成31年3月9日(土)  ・時間:午後1時30分から午後3時(要予約)  ・定員:各回先着30人 ◆講演会  ・「唐王朝の精華~輝ける金銀器~」平成30年11月10日(土)講師:山中理(白鶴美術館顧問)  ・「唐鏡の変遷」平成31年1月19日(土)講師:廣川守(泉屋博古館副館長)  ・時間:午後1時30分から午後3時(要予約)、定員:各回先着30人、対象:中学生以上 ◆ギャラリートーク  ・時間:午後1時30分から午後2時(要観覧券)  ・平成30年9月29日(土)、10月27日(土)、11月24日(土)、12月15日(土)、平成31年1月26日(土)、2月23日(土)       

開催中
40歳以上のあなた!健診を受けてプレゼントをもらおう!
  • 播磨町
  • レジャー・スポーツ
  • 健康・運動

40歳以上のあなた!健診を受けてプレゼントをもらおう!

期間: 2018.10.27~2019.03.29

特定健診やがん検診を受けたり、健康教室やイベントに参加したりして健康ポイント(スタンプ)を10個集め、素敵なプレゼントをもらおう! ☆今からでも間に合います。 (1) 特定健診・がん検診を受ける 特定健診、がん検診、町が実施する歯の健診のいずれか1つを必ず含むこと。 ※4月1日以降に受け終わった健診・検診も、職場で受けた健診も対象になります。 ※結果を役場すこやか環境グループに持参していただいた際に、健康相談として、さらに1ポイントをスタンプします。 (2) 播磨町主催の健康教室やイベントに参加する 広報はりまで「健康ポイントマーク」が記載されているイベントが対象。 ※11月3日の大中遺跡まつりの健康ブースに立ち寄ると、1ポイントもらえます。 (3) 記録をつけること実践をする 体重表、血圧表、歩数表を継続して3カ月以上記録する。記録表の様式は問いません。 (スマホのアプリで自動的に歩数が記録されていませんか?それ有効ですよ)体重表で1ポイント、血圧表で1ポイント、歩数表で1ポイントもらえます。

開催中
日本玩具博物館 秋冬企画・特別展「世界のクリスマス」
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

日本玩具博物館 秋冬企画・特別展「世界のクリスマス」

期間: 2018.10.20~2019.01.20

場所:日本玩具博物館

今回で34回目を迎える恒例のクリスマス展。 クリスマス飾りを通して世界各地のクリスマス風景を描き、行事の意味を探ります。 本年は世界約60の国や地域を5エリアに分け各地のそれぞれに特徴あるクリスマスの祝い方を探っていきます。 また、日本のクリスマス飾りにも改めて注目し、昭和の戦前戦後の日本の家庭に飾られていたツリー飾りやサンタクロースも登場します。 <期間中開催の行事> ☆展示解説会『クリスマス飾りで世界を巡るギャラリーツアー」  11月25日(日)・12月2日(日)・9日(日)・16日(日)・12月24日(月)  14:30〜(約50分間) ※自由参加制(入館料必要)  当館の学芸員が世界各地のクリスマス飾りの特徴について、展示品を取り出しながらご案内します。 ☆クリスマスオーナメントワークショップ ※各定員20名(TELかFAXで要申込)  ♪12月9日(日)13:30〜   「北欧の妖精」 講習費/300円   持ち物/縫い針・木綿糸・ハサミ  ♪12月15日(土)①11:00〜 ②14:00〜   「モールの足ながサンタさん」 講習費/300円   持ち物/ハサミ・木工用ボンド・飾りに使えそうなもの(ボタン・ビーズ・はぎれなど) ☆クリスマス絵本朗読会  12月23日(日)①13:30〜 ②15:00〜 ※自由参加制(入館料必要)  クリスマス人形やクリスマス飾りが登場するクリスマス絵本の世界を  倉主真奈さんの朗読によってご案内します。

平成30年度企画展「第4回新収蔵資料展」
  • 赤穂市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

平成30年度企画展「第4回新収蔵資料展」

期間: 2018.11.10~2019.01.15

場所:兵庫県赤穂市上仮屋916番地1 赤穂市立歴史博物館

◆内容 当館では平成元年の開館以来、赤穂の歴史・文化に関する資料の収集を継続して行ってまいりました。 現在総数約2400件・6000点を数えるまでになっています。 本展では近年寄贈・寄託・購入により館蔵となった未公開資料を中心に展示・公開します。 この機会に是非ご観覧いただき赤穂の歴史に触れてみてください。 ◆休館日 ・毎週水曜日 ・12月28日~31日 ・1月4日 ☆1月1日~3日は臨時開館 ◆料金 大人(高校生以上)200円 小中学生100円(ココロンカード利用可) ※団体は30人以上2割引、100人以上4割引、障がい者割引等あり

平成30年度企画展 染の形紙 ~有年に残された江戸の華~
  • 赤穂市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

平成30年度企画展 染の形紙 ~有年に残された江戸の華~

期間: 2018.10.03~2019.01.14

場所:赤穂市立有年考古館 1階展示室

企画展「染の形紙-有年に残された江戸の華-」を赤穂市立有年考古館で開催します。   有年考古館を創設した松岡秀夫の生家は、江戸時代後期より続く紺屋(染物屋)でした。 そのため、有年考古館には江戸時代から明治時代まで使用された染物の文様をつけるための形紙(型紙とも)が600枚以上、残されています。 これらの形紙には、江戸時代から明治時代に流行した様々な文様が彫りこまれ、当時の人々の生活を偲ばせます。 また形紙は伊勢白子・寺家(三重県)・三木(兵庫県)・京(京都府)の職人が手作業で掘りあげたもので、行商人によって有年までもたらされたものです。 これらの形紙からは、職人の技術の高さや、文様の美しさをみることができます。 今回の展示では、これら有年に残された染形紙についてご紹介します。 展示資料:約100点 紺屋関係資料 焼印・形入箱 染形紙(大紋・中形・小紋ほか)

ふるさとの小学校
  • 太子町
  • カルチャー
  • 展示会

ふるさとの小学校

期間: 2018.11.03~2019.01.14

場所:兵庫県揖保郡太子町鵤1310番地1 歴史資料館

太子町には、明治時代から続く長い歴史を持つ小学校が4地区に1校ずつあり、今も地域の人々に親しまれています。 明治5年(1872)の学制発布以来、幾度かの転変をかさね、やがて「わがむらの学校」として地域の核になった小学校の歩みと、教育の移り変わり、そして地域の人々の小学校への思いを、昔の写真や資料で紹介します。 ◆休館日 毎週火曜日、11月5日(月曜日)、11月26日(月曜日)、12月26日(水曜日) 12月29日~1月3日(年末年始) ◆入館料  大人200円 高校大学生150円 (小中学生以下・65歳以上は無料) 11月17・18日(土・日曜日、関西文化の日)は、入館無料です。 1月14日(月曜日、成人の日)は、入館無料です。 ◆展示解説 11月24日(土曜日)、12月16日(日曜日)、1月6日(日曜日) 14時~

赤穂海浜公園 インスタグラム フォトコンテスト
  • 赤穂市
  • カルチャー
  • 写真・アート

赤穂海浜公園 インスタグラム フォトコンテスト

期間: 2018.10.25~2019.01.06

場所:赤穂市御崎1857-5 赤穂海浜公園

「赤穂海浜公園 インスタグラム フォトコンテスト」を開催いたします! 赤穂海浜公園の‶インスタ映え"な写真を投稿しよう♪ 赤穂海浜公園に興味・関心を持ち行きたくなるような、魅力の詰まった写真を大募集。 ご投稿いただいた作品の中から、優秀賞、ASP賞、入選を選出し賞品を贈呈いたします。 なお、フォトコンテストへの参加に際しては、以下の注意事項を必ずご覧ください。 たくさんのご応募お待ちしています♪ ★赤穂海浜公園Instagramアカウント @ako.seaside.park_official ★フォトコン応募ハッシュタグ #赤穂海浜公園フォトコン2018 ※注意事項などHPを参照ください。

<10月~12月企画>防災クイズラリープレゼント!
  • 姫路市
  • 暮らし
  • 住まい・住宅関連

<10月~12月企画>防災クイズラリープレゼント!

期間: 2018.10.01~2018.12.31

場所:兵庫県姫路市城東町五軒屋40-1 神戸新聞ハウジングセンター姫路会場

開催日時常時開催 正解者の中から抽選で防災グッズをプレゼント! 【特賞】 くまモンの非常持ち出しリュックセット(13点セット) 1名様 【参加賞】 給水バッグ スタンドタイプ(3l) 災害にも負けない家づくりをご体感ください。 防災できる家づくりを各モデルハウスでご相談ください! ※当展示場でのプレゼント・イベントのご参加は総合受付にてアンケートに  お答えいただいた方に限ります(一部のイベントを除く)。 ※受付は10:00より開始いたします。 ※アンケートの回答は期間中に一世帯、1回限り。 ※20歳未満の方はご遠慮ください。 ※各プレゼント・サービスは数に限りがございますので、品切れの際はご容赦ください。 ※各催しは天候不良等の事情により、予告なく内容の変更や中止になる場合がございます。  運営者の判断により、イベント参加をお断りさせていただく場合がございます。

企画展「みんな知ってる?ひょうごの水産業」
  • 姫路市
  • レジャー・スポーツ
  • レジャー施設

企画展「みんな知ってる?ひょうごの水産業」

期間: 2018.10.20~2018.12.28

場所:姫路市立水族館内

姫路市立水族館では、「ひょうご豊かな海発信プロジェクト協議会」と共催で、 瀬戸内海と日本海で行われている兵庫県の漁業について、わかりやすく紹介する企画展を開催します。 この機会にぜひ、兵庫県の漁業について知っていただければと思います。 展示内容は主に、兵庫県で行われている漁業の概要や漁業対象の水産種、 魚を増やす取り組み等について、パネルと漁具の実物や模型などで解説します。

特別展「小野藩陣屋町と村のくらし」
  • 小野市
  • カルチャー
  • 展示会

特別展「小野藩陣屋町と村のくらし」

期間: 2018.10.20~2018.12.24

場所:小野市立好古館 2階展示室

江戸時代の小野藩陣屋町(現小野商店街)や周辺の村々での人々のくらしや当時の文化について紹介します。 この機会にぜひご覧ください。 ◆入館料 一般(高校生以上)300円 小・中学生100円(ひょうごっ子ココロンカード持参で無料) ※障がい者およびその介助者は無料 ◆主催 小野市立好古館 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター ◆協力 小野地区地域づくり協議会 小野地区各自治会 ◆後援 小野の歴史を知る会 ◆関連 ☆イベント •当館学芸員による展示説明会 ・日時:11月10日(土曜)、12月8日(土曜) ※いずれも13時30分から30分程度 ・場所:小野市立好古館2階展示室 ※参加費無料、但し入館料は必要。 ☆講演会「町年寄勤務記録がかたる小野藩陣屋町」 ・日時:11月25日(日曜)13時30分から15時 ・場所:コミュニティセンターおの201号室 ・講師:加藤明恵氏(神戸大学学術研究員) ※参加費無料。直接、会場へお越しください。 ☆見学会「小野地区の近世を歩く」 ・日時:12月8日(土曜)9時から12時(雨天決行) ・場所:小野市立好古館集合 ※参加費無料。直接、集合場所へお越しください。

アプリケと暮らしの美<書写の里・美術工芸館>
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

アプリケと暮らしの美<書写の里・美術工芸館>

期間: 2018.10.27~2018.12.24

場所:姫路市書写1223番地 姫路市書写の里・美術工芸館

姫路市書写の里・美術工芸館では、平成30年10月27日(土)~12月24日(月・祝)まで、 秋季特別展示として「アプリケと暮らしの美」を開催します。 姫路市書写の里・美術工芸館は宮脇晴(はる)・綾子(あやこ)の次男宮脇檀(まゆみ)が設計し平成6年7月に開館しました。 書写山の麓にあり寺院の伽藍をイメージしたユニークな建築物でもあります。 本特別展は、宮脇檀没後20年にあたる今秋に、アプリケ作家の母である綾子作品を中心に洋画家の父晴の絵画や、檀の建築作品の写真や図面などを展示し、親子の功績を紹介します。 ◆休館日:月曜日(祝日を除く) ◆料金入館料:一般300円、大学・高校生200円、中学・小学生50円  ※20名以外の団体は2割引き

日本画画業35周年記念~後藤仁日本画・絵本原画/後藤大秀 からくり人形~
  • 赤穂市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

日本画画業35周年記念~後藤仁日本画・絵本原画/後藤大秀 からくり人形~

期間: 2018.10.10~2018.12.17

日本画画業35周年記念 ~後藤仁日本画・絵本原画/後藤大秀 からくり人形~ 赤穂出身の日本画家・絵本画家、初の里帰り展 ・休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日) ・入館料:高校生以上200円(300円) 小・中学生100円(150円) ( )内は特別展期間中料金 ココロンカード使えます お問合せ:0791-42-0520 ※臨時開館:10月23日(火) ※臨時休館:10月18日(木)10月19日(金)12月19日(水) http://www.ako-art.jp/ 《オープニングセレモニー》 10月20日(土)13:00~15:00 ・からくり人形実演披露会(大垣祭保存会) ・幼稚園児たちの踊り ・絵本朗読会 《後藤仁ギャラリートーク・サイン会、絵本朗読会》 11月18日(日)13:00~15:30 ・ギャラリートーク 『赤穂の思い出、アジアの旅と日本画・絵本の制作』

企画展「発掘された明石の歴史展」
  • 明石市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

企画展「発掘された明石の歴史展」

期間: 2018.11.03~2018.12.09

場所:上ノ丸2-13-1 明石市立文化博物館

◆文化博物館からの案内状◆ 企画展「発掘された明石の歴史展」 明石の近世Ⅱ 出土品が語る城下のくらし 江戸時代中頃~幕末の明石の城下町の様子を紹介します。 【日時】 11月3日(土・祝)~12月9日(日)  ※月曜日休館  午前9時30分~午後6時30分(入館は午後6時まで)  【観覧料】大人200円、大高生150円  ※障害者手帳などの提示で半額  ※11月23日(金・祝)、24日(土)は観覧料が無料

松井紫朗のセンス・オブ・ワンダー<姫路市立美術館>
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

松井紫朗のセンス・オブ・ワンダー<姫路市立美術館>

期間: 2018.08.26~2018.12.02

場所:姫路市立美術館※集合場所/姫路市立美術館庭園南入口付近(動物園側)

姫路市立美術館では、2018年8月26日から12月2日まで、「松井紫朗のセンス・オブ・ワンダー」を開催します。 改修のために休館中の美術館をプラットフォームとして、2つのアートプロジェクトを展開します。 ①センス・オブ・ワンダーの庭 期間:2018年8月26日(日)~12月2日(日) 実施時間:10:00~17:00 申込不要。 開始時間までに動きやすい服装で美術館庭園南入口付近(動物園側)にお集まりください。 建物と庭園に、サイト・スペシフィックなばるーン上の造形物が出現します。 ②手に取る宇宙-Message in a Bottle 地上ミッション 1.地上ミッション:姫路城 2.地上ミッション:姫路科学館 3.地上ミッション:姫路市立美術館 JAXA、NASAなどの協力を経て、ガラスボトルに詰められた宇宙空間を実際に手に取り、心に浮かんだことを書きとめ、ウェブ上のアーカイブにアップします。申込制。申込方法は、本ページ下部のPDFチラシもしくは、姫路市立美術館ホームページからご確認をお願いします。 ※姫路市立美術館は改修のため、館内展示室は閉室しています