イベント

検索結果:46件見つかりました
40歳以上のあなた!健診を受けてプレゼントをもらおう!
  • 播磨町
  • レジャー・スポーツ
  • 健康・運動

40歳以上のあなた!健診を受けてプレゼントをもらおう!

期間: 2018.10.27~2019.03.29

特定健診やがん検診を受けたり、健康教室やイベントに参加したりして健康ポイント(スタンプ)を10個集め、素敵なプレゼントをもらおう! ☆今からでも間に合います。 (1) 特定健診・がん検診を受ける 特定健診、がん検診、町が実施する歯の健診のいずれか1つを必ず含むこと。 ※4月1日以降に受け終わった健診・検診も、職場で受けた健診も対象になります。 ※結果を役場すこやか環境グループに持参していただいた際に、健康相談として、さらに1ポイントをスタンプします。 (2) 播磨町主催の健康教室やイベントに参加する 広報はりまで「健康ポイントマーク」が記載されているイベントが対象。 ※11月3日の大中遺跡まつりの健康ブースに立ち寄ると、1ポイントもらえます。 (3) 記録をつけること実践をする 体重表、血圧表、歩数表を継続して3カ月以上記録する。記録表の様式は問いません。 (スマホのアプリで自動的に歩数が記録されていませんか?それ有効ですよ)体重表で1ポイント、血圧表で1ポイント、歩数表で1ポイントもらえます。

開催中
根茎ベゴニア展
  • 加西市
  • その他
  • その他イベント

根茎ベゴニア展

期間: 2019.01.02~2019.03.31

場所:兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1 兵庫県立フラワーセンター 大温室【四季の花室】

家庭でも栽培可能な根茎性ベゴニアを主に展示します。 花も葉も美しいベゴニアの魅力をお楽しみください。 ◆休園日 毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日) ※12月28日~1月1日但し、H29・3/18(土)~4/30(日)(チューリップまつり) H29・10/15(日)~11/19(日)(菊花展)開催期間中は無休です ◆入園料金(H29年4月1日~) 一般(大人) 500円    ※20名様以上 400円 障害者250円    ※20名様以上 100円 70歳以上250円    ※20名様以上 200円 高校生以下無料 ※ 障害者(障害者基本法2条該当)・70歳以上の方はチケット購入に証明書等をご提示 ください。 ※ 障害者(障害者基本法2条該当)1名(有料)につき付添い1名無料  (平成28年4月~)

開催中
収蔵品展「昭和前期の市民のくらし」
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 展示会

収蔵品展「昭和前期の市民のくらし」

期間: 2019.01.12~2019.04.14

場所:姫路市平和資料館 2階 多目的展示室

姫路市平和資料館に寄贈いただいた戦争当時の貴重な資料を中心に、収蔵品の展示を行います。 ■展示内容 毎年、市内外を問わず、多くの方から太平洋戦争等に関する貴重な資料を数多く寄贈していただき、今年度は31件、208点の資料が新たに寄せられました。 ◆今回の収蔵品展は、「昭和前期の市民のくらし」をテーマに、  新着資料に加え収蔵資料を展示します。展示については、4つのコーナーを設定しています。 ◾「食」  材料を使って美味しく食事ができるように、どのように工夫していたかが分かる展示 ◾「住」  ものがない時代に生きる人々が、どのような道具を使い、どのような生活をしていたかが分かる展示 ◾「衣」  昭和に入り戦争が始まると、人々の服装に対して規制が始まった様子が分かる展示 ◾「遊」  当時の人々の娯楽は戦争とともに大きく変わった。特に子どもの遊びにも影響したことが分かる展示 新着資料では絵葉書、軍事郵便、寄せ書きの日の丸の扇子、昭和天皇訪問時と思われるレコードなど208点が展示されています。 ◆資料協力 兵庫県立歴史博物館 ◆期間中のイベント 姫路空襲体験談を聞く会 ・日時 平成31年3月3日(日曜日) 午後2時から ・場所 姫路市平和資料館 2階 会議室 ・語り部 玉置正光さん ・参加費 無料 ・休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土曜日、日曜日、祝日を除く) ・観覧料 ◾収蔵品展 無料 ◾常設展示室 有料  大人200円、小学生・中学生 50円(20名以上の団体のお客様は2割引) ・常設展示室の観覧料が無料になる場合 ◾身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方  及び介護者1名については、手帳の提示により無料となります。 ◾小学生、中学生はどんぐりカードまたはココロンカードの提示により無料となります。 ◾姫路市在住の65歳以上の方は、姫路市高齢者福祉優待カードの提示により無料となります。

開催中
1/6(日)~ 「横尾忠則 西脇幻想」展を開催!
  • 西脇市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

1/6(日)~ 「横尾忠則 西脇幻想」展を開催!

期間: 2019.01.06~2019.03.24

場所:西脇市岡之山美術館

延期となっていました西脇市岡之山美術館での 「横尾忠則 西脇幻想」展 -光るまち・光る記憶- は、来年1月6日(日)に再開します。 横尾氏は西脇市出身の世界に知られた美術家で、名誉市民でもあります。 今回のために数多くの新作を制作いただき、出品作の半分以上を初公開の新作で構成した見どころ満載の内容の展覧会となっております。 また、「Y字路」作品シリーズ発想の原点となった椿坂Y字路の模型店跡の家屋は、黒一色で塗り込めた立体作品となっており、それをもとに描いた絵画も出展されています。 この機会にぜひ足を運んでいただき、ご覧ください。 【開催期間】  1月6日(日曜日)から3月24日(日曜日)まで  ・前期 1月6日(日曜日)~2月11日(月曜日・祝日)  ・後期 2月20日(水曜日)~3月24日(日曜日)  ※後期は、前期作品を一部入れ替え 【休館日】  月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)  2月12日(火曜日)~2月19日(火曜日) ※展示入替期間 【料金】  大人 500円(65歳以上は400円)、大学・高校生 300円、小・中学生 200円  ★詳しくは、西脇市岡之山美術館ホームページ   http://www.nishiwaki-cs.or.jp/okanoyama-museum/

ちょこっと関西歴史たび・明石城
  • 明石市
  • レジャー・スポーツ
  • 体験・参加

ちょこっと関西歴史たび・明石城

期間: 2019.01.12~2019.03.22

場所:明石城など

明石城の大型キャンペーンが始まります!! JR西日本主催の期間限定観光キャンペーン 「ちょこっと関西歴史たび」に、築城400周年を迎える明石城が採用されました。 明石城にまつわる、めったに見ることができない特別な展示・公開が盛りだくさんの 「ちょこっと関西歴史たび・明石城」。 この機会にぜひ明石へお越しください!! また12月7日(金)より、JR西日本管内の各駅にて画像のパンフレットの配架及びポスターの掲出が開始されます。 そちらも併せてご注目ください! その他、詳細については下記URLへ。 http://www.jr-odekake.net/navi/rekishi_tabi_akashijo/

第4回米リンピックグランプリ米おにぎり、モロどん注文で1個サービス
  • 上郡町
  • その他
  • その他イベント

第4回米リンピックグランプリ米おにぎり、モロどん注文で1個サービス

期間: 2018.12.16~2019.03.17

場所:上郡町観光案内所

観光案内所で実施している「モロどんの日」に提供するモロどん注文者に、米リンピックグランプリ受賞米おにぎりを、無償提供します。 モロどんは1杯300円です。 グランプリ米も販売しています。 ■日時 毎月第1・3日曜  11時から14時  平成31年3月17日(日曜日)まで  ※1月の『モロどんの日』は1月27日(日曜日)に変更とさせていただきます。  ※無償提供米がなくなり次第、終了 ■場所 上郡町観光案内所 〇米リンピックとは  上郡町内で生産したおいしいお米を決める第4回米リンピックが開催され、  ヒノヒカリ部門とその他部門(ヒノヒカリ以外)のグランプリが決定しました。 〇結果  ヒノヒカリ部門グランプリ 平山 安博さん  その他部門グランプリ 笹山 和朗さん (品種:にこまる ) ■1月17日は「おむすびの日」です。みんなでおいしいごはんを食べましょう☆ 1月17日は、阪神・淡路大震災の日。食べ物もなく、不安のどん底にいた被災者は、ボランティアによる炊き出し(おむすび)に助けられました。 この大震災での体験をきっかけに、「ごはんを食べよう国民運動」がはじまりました。いつまでも食料とりわけ米の重要性、ボランティアの善意を忘れないために、ごはんを食べよう国民運動推進協議会では1月17日を「おむすびの日」と定めました。(2000年に日本記念日協会登録済)

秋季企画展「唐王朝の彩り-宮廷の栄華をうつす金銀銅-」
  • 加西市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

秋季企画展「唐王朝の彩り-宮廷の栄華をうつす金銀銅-」

期間: 2018.09.14~2019.03.12

場所:兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1(県立フラワーセンター内) 兵庫県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」

大唐王朝の都・長安から発見される金銀器は、絢爛たる貴族社会を背景に卓越した工芸技術と異国情緒豊かな感性が融合した「美の集積」です。 唐建国1,400年を迎えた本年、唐文化の粋を集めた金銀器や銅鏡によって遙かなる長安の繁栄と栄華が甦ります。 千石唯司氏所蔵コレクションのうち、光輝鮮やかな彩りや斬新な意匠、躍動感あふれる造形を誇る唐代金工作品をとおして宮廷文化の繁栄と栄華を体感してください。 ※休館日:水曜日(10月14日(日)~11月18日(日)は無休)、平成30年12月19日(水)~平成31年1月1日(火)までは休館 【関連行事】 ◆当館学芸員による特別解説会  ・平成30年10月6日(土)、平成31年3月9日(土)  ・時間:午後1時30分から午後3時(要予約)  ・定員:各回先着30人 ◆講演会  ・「唐王朝の精華~輝ける金銀器~」平成30年11月10日(土)講師:山中理(白鶴美術館顧問)  ・「唐鏡の変遷」平成31年1月19日(土)講師:廣川守(泉屋博古館副館長)  ・時間:午後1時30分から午後3時(要予約)、定員:各回先着30人、対象:中学生以上 ◆ギャラリートーク  ・時間:午後1時30分から午後2時(要観覧券)  ・平成30年9月29日(土)、10月27日(土)、11月24日(土)、12月15日(土)、平成31年1月26日(土)、2月23日(土)       

兵庫県立考古博物館加西分館 冬季スポット展「干支亥」
  • 加西市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

兵庫県立考古博物館加西分館 冬季スポット展「干支亥」

期間: 2019.01.02~2019.03.12

場所:兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1(兵庫県立フラワーセンター内) 県立考古博物館加西分館「古代鏡展示館」

平成31年は亥年(いのししどし)です。 干支が動物の姿として鏡背面の模様の一部になるのは、隋・唐の時代(約1,400年前)から。 それ以前の漢の時代(約2,000年前)には、鏡に干支が文字として登場し、図柄に方位を与えていました。 今回の展示では、文字で干支が表された鏡(鍍金方格規矩四神鏡:ときんほうかくきくししんきょう)を展示し、昔から続く人とイノシシの関わりも紹介します。 現在開催中の企画展「唐王朝の彩りー宮廷の栄華をうつす金銀銅ー」にも干支を動物の姿で表した鏡(十二支紋鏡:じゅうにしもんきょう)やイノシシを描いた工芸品を展示中です。併せてご覧ください。 【休館日】水曜日

日本遺産【銀の馬車道・鉱石の道】~スタンプラリー開催中~
  • 姫路市
  • その他
  • その他イベント

日本遺産【銀の馬車道・鉱石の道】~スタンプラリー開催中~

期間: 2018.12.12~2019.03.10

~スタンプラリー開催中~ 日本遺産【銀の馬車道・鉱石の道】 姫路市🐎福崎町🐎市川町🐎神河町🐎朝来市🐎養父市 6市町にまたがるスタンプラリー 抽選で素敵なプレゼントが当たります★ ◇期間:開催中~2019年3月10日㈰ ぜひ、福崎町へお越しくださいね ↓↓詳細はコチラ↓↓ https://www.shinkibus.com/gbm

第10代相生みなとの女王募集中
  • 相生市
  • その他
  • その他イベント

第10代相生みなとの女王募集中

期間: 2018.12.27~2019.03.10

相生ペーロン祭をはじめ、各種イベントや観光キャンペーンで 相生市のPRをしていただける方を募集しています。 あなたの応募をお待ちしております! ◆みなとの女王に選ばれた方へ (1)東京ディズニーリゾート ペア旅行券 10万円分(パークチケット・交通費・宿泊費込み) (2)賞金5万円 & トロフィー  を贈呈します。 ◆選考会に参加された方へ 記念品 3,000円相当 を贈呈します。 ◆推薦していただいた方へ 記念品 2,000円相当 を贈呈します。

冬季宿泊キャンペーン♪(グリーンエコー笠形)
  • 神河町
  • レジャー・スポーツ
  • レジャー施設

冬季宿泊キャンペーン♪(グリーンエコー笠形)

期間: 2019.01.16~2019.03.10

場所:神河町根宇野1019-13 グリーンエコー笠形

グリーンエコー笠形より、冬季宿泊キャンペーンのご案内☆ 平成31年1月16日~3月10日の期間中、ウッドハウスコテージ(大)の宿泊に限り、 10,000円の食事券をサービス!! 食事券はBBQセット・鍋メニューに使用できます。 暖を取りながらのBBQも一興ですよ^^ ぜひご利用ください!

第18回かみかわフォトコンテスト
  • 神河町
  • カルチャー
  • 写真・アート

第18回かみかわフォトコンテスト

期間: 2019.01.16~2019.02.28

神河町内の自然や人物、伝統芸能、暮らし、各イベントなど、 『かみかわ』の香りあふれる写真を募集します。 応募締切は平成31年2月28日(木)必着。 応募用紙に必要事項を記入の上、作品の裏面に貼り付け、郵送または持参願います。 作品は平成30年3月1日以降の撮影で、未発表のものに限ります。 皆様のご応募お待ちしております。

高見沢研究所版 葛飾北斎 鈴木春信
  • 赤穂市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

高見沢研究所版 葛飾北斎 鈴木春信

期間: 2019.01.17~2019.02.26

場所:赤穂市尾崎3939番地 たでのはな美術館

2019年初春企画展 浮世絵の複製で、さまざまな伝説を残した高見沢遠治が確立、弟・忠雄が引き継いだ高見沢研究所の迫真の復刻浮世絵「葛飾北斎 鈴木春信」展を開催します。 近年、国内外で展覧会が相次ぎ開催されている葛飾北斎の「富岳百景」などと、明和期に一世を風靡し、後世の浮世絵師に多大な影響を与えた鈴木春信の「座敷八景」などの美人画を展示。

姫路押絵~宮澤由雄生誕150年
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

姫路押絵~宮澤由雄生誕150年

期間: 2019.01.06~2019.02.24

場所:姫路市書写の里・美術工芸館(展示室A上・B・C・企画展示室)

1月6日(日)~2月24(日)まで宮澤由雄生誕150年として 姫路市書写の里・美術工芸館にて「姫路押絵」を開催します。 押絵とは絹などの布に裏側から綿を入れて半立体的に仕上げる技法で、現在では羽子板などによく見られます。 姫路押絵は他地域に比べて厚みがあり、人物や動物の目玉に「入れ目」というガラス玉を使用する技術などによるリアルで迫真力のある表現が特徴です。 独特の技法が雅やかな世界を創りあげる姫路押絵は、明治生まれの宮澤由雄によって、のぞきからくりのネタ絵を中心に迫真の表現力で全国に広まりました。 そして、その伝統技法は子どもたちに受け継がれていきました。 平成31年は姫路押絵の創始者宮澤由雄の生誕150年にあたります。 この展覧会では、宮澤由雄と、その子である鶴子、貞次、延栄らの作品を中心に、羽子板や額の押絵や、和紙貼絵などの習作などをあわせた約100点を紹介し、姫路押絵の特徴と魅力に迫ります。 ◆休館日 月曜日、1月15日(火)、2月12日(火) (ただし1/14(祝)・2/11(祝)は開館)

猪のおもちゃ
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

猪のおもちゃ

期間: 2018.11.10~2019.02.19

場所:兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3 日本玩具博物館1号館

冬の恒例展『干支(=エト)の動物をテーマ』にしたお正月の展示です。 「十二支」は、動物で時刻や方角、あるいは年月を表わす考え方として古代中国から伝わったものですが、長い歴史を経て日本人の暮らしに深く根を下ろし庶民の間でも親しまれてきた民間信仰です。 例えば、生まれ年にあたる動物の性質がその人の性格や運勢などに関係するという信仰、自分の生まれ年に因んだ動物をお守りにする習俗などがあります。 日本の郷土玩具はこれらを母体として生まれた庶民的な文化財です。   2019年の干支は「亥(=猪)」。 猪は古くから日本人とも関わりの深い動物で5世紀ごろから宮中ではすでに狩りの重要な獲物の1つとして捕獲され、食べられていたという記述もあります。 しかし、干支の動物の中でも「午(=馬)」や「申(=猿)」「戌(=犬)」などに比べると造形物としてはあまりつくらていません。 野生の猪の強さや獰猛さが好まれなかったのでしょうか。 郷土玩具の猪の造形を見てみると、むき出しの牙と鋭い目、四肢を大きく広げ、まさに猪突猛進する姿が特徴ともいえます。 相手を威嚇するような姿かもしれませんが、ひとつひとつ観察してみると、木や土や紙を素材として勇猛でユニークな猪の表情が見えてきます。 日本の郷土玩具を中心に80点をご紹介します。ぜひ各地の猪の玩具をお楽しみください。 ■休館日 水曜日、年末年始(12月28日~1月2日) 但し、水曜日が祝日の場合は開館。翌日休み ■料金 大人:600円 高校生・大学生:400円 幼児(4歳児以上):200円 ※原則として、20名以上の団体料金は2割引です。 ※団体でのご来館は、できるだけご予約ください。

中島宏追悼展<三木美術館>
  • 姫路市
  • カルチャー
  • 美術館・博物館・科学館

中島宏追悼展<三木美術館>

期間: 2018.11.21~2019.02.17

場所:姫路市本町241番地 三木美術館

2018年3月7日に逝去した青磁の人間国宝、中島宏の追悼展を開催します。 中島宏の織り成す様々な青色の世界をお楽しみ下さい。 絵画では、中島宏が九州出身であることにちなみ、岡田三郎助や牛島憲之など九州ゆかりの画家たちの作品をご紹介します。 ◆休館日火曜日、12月28日(金)~1月4日(金) ◆料金入館料:一般(高校生以下)300円、中学生以下無料

「引原ダム60周年記念・フォトコンテスト」の作品募集
  • 宍粟市
  • カルチャー
  • 写真・アート

「引原ダム60周年記念・フォトコンテスト」の作品募集

期間: 2018.06.26~2019.02.15

場所:宍粟市波賀町日ノ原176-11 引原ダム

◆兵庫県政150周年記念事業 ◆昭和33年3月31日に完成した引原ダムは、建設後60周年を迎えました。 この度、引原ダム60周年記念事業の一環として、写真を通じて四季折々のダムのある風景を魅力ある観光資源として広く紹介するとともに、ダムの役割を再認識してもらう機会とするため、下記のとおりフォトコンテストを開催します。 1 フォトコンテストの概要 別紙参照 (1)主 催 西播磨県民局 (2)募集期間 平成30年6月26日(火曜日)~平成31年2月15日(金曜日) (3)応募作品  1.被写体にダム堤体又は関連構造物を入れた季節感のあるもの 2.応募数は1人5作品まで 3.四切判プリント(光沢紙)で応募 ※詳しくは、応募資料をご覧ください (4)応募先 兵庫県西播磨県民局 龍野土木事務所 河川砂防課 (5)入選作品 13作品を入選作品として選考 最優秀賞   1点 賞品 50,000円相当の西播磨特産品 春夏秋冬賞  4点 賞品 10,000円相当の西播磨特産品 佳作  8点 賞品 5,000円相当の西播磨特産品 (6)表彰式及び写真展 平成31年3月下旬にダム周辺で開催

朝日を浴びる 世界遺産 姫路城を望む  姫ちゃり&ウォーキングと城下町古民家の朝食
  • 姫路市
  • レジャー・スポーツ
  • 体験・参加

朝日を浴びる 世界遺産 姫路城を望む  姫ちゃり&ウォーキングと城下町古民家の朝食

期間: 2018.12.01~2019.02.15

日を背に冬の澄んだ空気にくっきりと浮かび上がる姫路城大天守と小天守閣🏯🌅 その堂々とした姿からは、不思議なパワーを感じられます❗️ ☆ 我らが姫路城の元、朝日を浴びながら気持ちが良すぎるウォーキングはいかがですか⁉️🚶‍♂️ そしてお楽しみは今注目を浴びつつある『古民家朝食』! ☆ ヘルシー、楽しい、美味しいの〈新3Cツアー〉絶賛受付中です❗️😎

【版画家 岩田健三郎 原画展】
  • 市川町
  • カルチャー
  • 写真・アート

【版画家 岩田健三郎 原画展】

期間: 2019.01.10~2019.02.15

場所:兵庫県神崎郡市川町鶴居26-2 鶴居地域活性化センター

鶴居地域活性化センター 特別展示コーナーで、JR播但線の各駅や駅周辺の観光地をモチーフとした各駅紹介の版画展を開催します。 岩田さんの版画は、ほっこりとした温もりが感じられる作品となっています。ぜひみなさんご覧ください